映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< H30後期グループレッスン1回目 | main | 小紋染小豆色地コート >>

H30後期 名古屋帯グループレッスン2回目

 

↓前回宿題でした腰紐の中心の印

 

長襦袢を何回か練習したので、着物も羽織ってみました。すると「着物は長襦袢と違って自分で裾を決めるのね‼」と生徒さん。

そーなんです‼

着物の裾を決めるのは当たり前のようで大事なポイントなんです。着物やシチュエーションに合わせて調整することで着姿の雰囲気がガラリと変わります。

腰紐を締めて裾を決める練習をしました。その中で外に出るのが不安という声がありました。

慣れないうちは着物で外に出るのは心配という気持ち、わかります。しかし草履を履いて外に出ることが自信につながって行くと思います。

レッスンのあと帰り道だけでも着物を着て行くという少しの時間でも良いので着て帰ってみてはいかがでしょうか。

そんな風に工房でのレッスンを活用していただけたらと思います。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025604
この記事に対するトラックバック