映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昔の玩具模様の長襦袢 | main | 長襦袢の襟 >>

遠州木綿単衣着物

作品名 遠州木綿単衣着物
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

2018年の福袋で選んだ遠州木綿の反物を着物に仕立てました。木綿の着物は持っていなかったので、福袋で良い反物があり、今だ!という感じで購入。仕立ても縞柄が縫う時の目印になって、縫いやすかったです。
仕立て上がり、持ち帰った時期はもう暑くてすぐに着ることができなかったので、涼しくなるのが楽しみです。普段でも気軽に着られる着物なので、着物を着る機会を増やしたいと思います。


やまもとコメント

縞柄はズレると目立つ事もあるのですが、線をひく工程が1つなくなって、縞がラインになるのでキレイにまっすぐ縫えましたね。
木綿の着物は長い季節着れますし、水通しして持ってきていただき、洗える仕様にもしていますので、汚れたら押し洗いして、気軽に楽しんでください!!

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025614
この記事に対するトラックバック