映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちりめんホームコート | main | 遠州木綿単衣着物 >>

昔の玩具模様の長襦袢

作品名 昔の玩具模様の長襦袢
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

長襦袢を縫ってみたいと思っていましたところ、こちらで昔のおもちゃを模様にした生地を見つけて気に入って決めました。
袖の無双袖のやり方に手間取りました。
毎回ですが、出来上がりの達成感は格別のものがあります。


やまもとコメント

白地ですが玩具のとび柄が可愛らしく、生徒の皆さんからも評判の品物でしたね!
長襦袢はくける部分が多いので、袷の着物とは違った達成感を感じられたかと思います。長襦袢のお袖は無双袖、半無双袖や単衣のお袖もできます。いろんなお袖の形を試してみてくださいね!

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025616
この記事に対するトラックバック