映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風 /手仕事にいざなう2日間 開催
6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3 三階橋楽亭
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三越カルチャーサロン 名古屋帯作り講座 | main | 5月のお教室 >>

絞りの浴衣

作品名 絞りの浴衣
制作者  音tennis さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

この浴衣は伯母が長い間反物で持っていたものを譲り受けました。古い物なので変色があり、寸法も短めで縮んでいて縫いにくそうだなあと思い先生に相談すると、これは絞りだから延ばして縫うのだと教わり、また一つ新しい事を知りました。
又、柄の問題もあり、通常の浴衣とは少し縫い方が違うということで、着物は出来上がりはほぼ同じ形に見えるのに、色々な縫い方がある事も教わりました。秋に出来上がったので、来年の夏を楽しみにしています!と思っていたら、長襦袢を着れば着物としても着られそうな柄だねという声を聞いたので、来年フライングをして早目から着ようと思案中です。今回も楽しく縫えました。ありがとうございました!


やまもとコメント

絞りの浴衣でしたので、巾出しの加工をしてから縫っていただきました。反物の長さが短かったので、衿はつまみ衿、衽はカギ衽の形で、音tennisさんの寸法に合うように準備させていただきました。袖巾もギリギリで、少ない縫い代ですが、三つ折りぐけをがんばってました!
単衣の長襦袢と今回の浴衣を合わせて、着る機会が増えそうで楽しみですね。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025622
この記事に対するトラックバック