映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 喪服用の帯 | main | 千紗四ツ身のお雛様着物 >>

中学生の職業体験

11月9・10日と宮田中学校の生徒さん2名の職場体験がありました。

1日目は運針〜コースター作り。

時々休憩をしながら針や布の動かし方をお伝えします。2名とも普段針を持つことはないそうですが、コツをつかんでスムーズに腕が動いていました‼

2日目は1日目に引き続きコースター作り。

自分で手を動かしで作品が出来上がっていくのは喜びもあるようで、休憩なしで集中して作業していました‼

午後は浴衣の着付けです。自分では着たことはないと話していましたが、キレイに着ることが出来ました。

学校の授業ではなかなか触れる事のない和の仕事。楽しそうに姿に私たちも嬉しく過ごさせていただきました。2日間お疲れ様でした。

 


 

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025623
この記事に対するトラックバック