映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕立て直し、母の紬 | main | 唐草地紋御召 >>

お教室の台を高くしました!

以前は台の高さが15cm位と30cm位の台を使用しておりましたが、30cm位と45cm位の高さの台を用意しました。

台の高さが高くなったので、それに伴い座る台も高めに用意いたしました。もちろん正座の方好ましいという方も作業しやすい高さになっていると思います。

 


 

↓生徒さんが座るとこんな感じです。

まだ台を高くして数週間。これからまた生徒の皆様の声を聞き変更もあるかと思いますが、長時間座っているのには膝や腰に不安があるという方も安心して通えるような環境を作り、様々な方に和裁を楽しんでいただきたいです。

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025625
この記事に対するトラックバック