映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
6月2日 花火鑑賞&イタリアンディナーの会 18:30 〜 10,000yenn
沖縄染織いざなふの風 6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3橋楽亭
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 遠州木綿縞 | main | 横浜STビルの生徒作品 入れ替わりました。 >>

子ども浴衣

作品名 子ども浴衣
制作者 肥後 三津枝 さん

 

 

 


受講生徒コメント

以前にも子供の浴衣を仕立てたので、今回は2回目です。時期だったので、可愛い柄の反物がたくさんあり、前回白地だったので、今回は黄色地を選び(向日葵分)、もう一枚(茜音分)は白地を選びました。
2枚一緒に仕立てれば覚えるかなと思いましたが、寸法が6才用と7才用だったので、寸法表を見間違いをしてしまいました。
糸印がついているにもかかわらず、間違い、集中力・注意力の無さを反省しています。でもとてもかわいく仕立てられて良かったです。一枚ずつ細かな部分を注意しながら仕立てていくのが良かったかなと反省しています。


やまもとコメント

2枚同時進行で進めましたので、衿や裾等、各箇所の手順は理解いただけたかな!と思います。子供用は大人に比べて丸みも大きく、肩揚げ、腰揚げがつくと子供らしくなり、可愛らしいですよね!!成長を感じながら1年ごとに肩、腰揚げをかえて、夏の思い出を作っていっていただきたいです。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025645
この記事に対するトラックバック