映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 昔の玩具の模様の長襦袢 | main | 6月25・26日に日本橋でイベントを行います >>

道行コート

作品名 道行コート
制作者 肥後 三津枝 さん

 

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

道行コートは初めて仕立てます。初売りでいただいたものと若い時のコートを染め替えをお願いして、2枚同時進行で進めていきたいと思いました。衿を継ぐのが細かい作業で接着芯を使うのも初めてでした。染め替えのコートは前衿の角を作る時、抜き差しの糸がゆるくて、表に返した時、糸が見えていました。
また、飾りボタンを作ったり、取り付け等、教室ではほかの方がされるのを見てたけど、自分でやってみるとなかなか難しく、釣り合いが悪く、ボタンを付けてははずしを何回したことか。脇綴じも不思議で手品のようでした。


やまもとコメント

初売りの裏地とコート時のセットのものですね。衿まわりはしっかりさせたいので、接着芯を使用しています。ボタンは、平に置いてみてOKでも、つるしてみるとズレてしまうこともあり、調整が必要な箇所でもあります。2枚同時に進められていたので、お着物や来ていく場所に合わせて、コートをコーディネートするのも楽しみですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025646
この記事に対するトラックバック