映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しじら織単衣着物 | main | インド綿アレンジ名古屋帯 >>

藍染め絽小紋

作品名 藍染め絽小紋
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

昨年度受講した「きもの裁ち方」講座の内容をすっかり忘れてしまわないうちに、新しい反物からの裁ちを自分でしたいと思って作った着物です。
総柄だから柄合わせにはあまり関係ないと思っていたのですが、実際始めてみると、柄の中の目立つポイントの配置や向きなど、気をつけなければならない点があって、先生からアドバイスをいただきながら完成にこぎつけました。共布で背伏せをつける方法を教えていただき、うら側から見てもきれいに縫い上げることができました。


やまもとコメント

絽など透ける生地の背伏せは、着用した時、白く浮いて見えないように表の生地から背伏せ分をとります。
小紋は同じ柄が繰り返し続いていくのですが、裁ち方によっては訪問着のような雰囲気になる品物もあり、裁ちには時間がかかる事があります。Mさんは出来上がりのイメージをしながら裁ちをされていたので、素敵な柄合わせができましたね!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025648
この記事に対するトラックバック