映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風 /手仕事にいざなう2日間 開催
6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3 三階橋楽亭
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 遠州木綿単衣着物 | main | 三越カルチャーサロン 名古屋帯作り講座 >>

長襦袢の襟

「洗いをお願いします」と持ち込まれた長襦袢。

汚れはよりも気になったのは、くたっと柔らかい襟でした。お話を伺っていくと、襟芯を入れるのだけれどもピシッと決めるのに時間がかかってしまう、とのこと。

 

↓ふにゃふにゃとやわらかい襟

それならば!とやまもと工藝での長襦袢の襟の仕様をご紹介。やまもと工藝ではバイヤス襟芯を襟の中に入れてお仕立ていたしますので、着物を着た時もしっかりとした土台となってくれます。

 

↓襟芯が入った襟


 

しっかりさせたいけれど柔らかさも欲しい!等お客様のご要望に合わせて調節することも可能です!

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025657
この記事に対するトラックバック