映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 付け下げの仕立て直し | main | 三越カルチャーサロン 名古屋帯作り講座 >>

三越カルチャーサロン 名古屋帯作り講座

締め切り間近となりました

5月,6月に日本橋三越カルチャーサロンにて名古屋帯作りの短期講座を行います。

山本がセレクトした約30点の生地の中からお好きな柄を選んでいただき、針の持ち方から名古屋帯作りを体験していただけます。

 

写真 左:紺 絞り亀甲(差額 +25,000)

   右:黒 紅白南天(差額 +10,000)

 

■日時:5月12日、26日、6月9日、16日、30日 、全5回  10:30〜12:30

来れない日がございましたら、横浜の教室にて無料でその箇所を補習いたします


■講師:山本秀司(やまもと工藝代表)
ひと針ひと針、自分で縫った帯は格別です。和裁経験のない方でも安心してご参加いただけます。きものや帯のお手入れ方法も学ぶことができます。当日柄をお選びいただきます。事前にカルチャーサロンにてお見本をご覧いただけます。生地によっては差額が発生いたします(差額1万円〜4万円)
持ち物:裁縫道具

 

下記よりお申し込みいただけます。

【1日・短期講座】[58]名古屋帯作り

http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/culture/

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025659
この記事に対するトラックバック