映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
ホテルニューグランドにて新春の集い 19日(日)13時〜 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 紅花染めワークショップを行います | main | お祝い着 >>

木の葉模様の袷

作品名 木の葉模様の袷
制作者 K .S さん

受講生徒コメント

先生から”これはいかが !?” とお見せいただいた布地は私の大好きな木の葉がいっぱいの柄で一目で気に入りました。
出来上がるまでの間、実を申しますと布地の地色が明るい色でしたので、実際に着用した時に、一層明るさが増して高齢者にはいささか派手すぎるのではないかと心配になり、主人に端布を見せましたところ、”白髪頭にピッタリ、ソフトな雰囲気でOK,OK”と言われ、納得した経緯がありました。

 

 

やまもとコメント

柔らなものではなく、紬地がご希望で、Sさんの上品で優しい雰囲気にピッタリ!と思い、ぼかしの訪問着をお見立てさせていただきました。ご主人様にも気にいっていただけるか心配でしたが、「OKでした」と聞き安心しました。八掛にも表と同様の木の葉模様があります。着用して歩いていただくと、葉が揺れて見えて素敵だろう!と今から着用を楽しみにしています。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025678
この記事に対するトラックバック