映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 色無地 | main | 半期に一度の展示会 >>

昭和をしのぶよすがの羽織 (濃き紫、波の地紋に絞りの柄)

作品名

昭和をしのぶよすがの羽織

制作者

NONNA.N さん

受講生徒コメント

この羽織は――1911年(明治44年)11月13日に生まれ、8人の子供を産み育て、大勢のお弟子さん達に日本舞踊を教え、最後の舞台は100才、103才の時には自宅からかなりの距離のある公民館まで徒歩で来館、娘さんの作品が展示されている3階まで階段を昇り降りし、106才の誕生日の翌日、あちらの世界へと旅立たれた方――の持物でした。奇しくも私の母もこの方と同じ1911年11月13日生まれでした。そんな御縁もあって、私がいただくことになりました。あちこち変色していて、袖口など白っぽくなっていましたので、色掛けをしていただきました。
この年代の方達は人生の良い時期に、第二次世界大戦の戦中戦後の苦しい生活を否応無しに甘受させられました。その世代の方々の御苦労をしのんで愛用させていただきたいと思っています。

 

やまもとコメント

絹の着物は色も変わりやすく管理も手間がいりますが、色の変わってしまった箇所も色を薄く塗っていく技術が確立されているのです。

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025681
この記事に対するトラックバック