映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 灰色紬 | main | 横浜STビルの作品が入れ替わりました。 >>

娘への色無地

作品名 娘への色無地
制作者 T.Uさん

受講生徒コメント

工房で素敵な地模様の白生地を購入し、染めていただきました。他にないカワイイ色!絹のさわり心地も良くて、縫っている間の多幸感、MAXでした。
技術の向上は亀の歩みですが、「ワクワク」感を大事に、楽しく作品を増やしたいです。


やまもとコメント

着物には不思議な力や魅力があります。私も身につけているだけでずいぶんと助けられました。人格を自然に作ってくれるというか、引き上げてくれます。着物が守ってくれているとも言えます。
変な人、妙な人が近寄ってきません!笑(意味が違うかも)
それを作っているだけで心地よくなるのは当然なことかもしれません、覚えなくたっていい、作り進めるだけでもとても意味があると、山本は伝えたいのです。娘への色無地

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025684
この記事に対するトラックバック