映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インド綿アレンジ名古屋帯 | main | 9月のお教室 >>

小千谷縮 (ベージュ、かすれ縞)

作品名 小千谷縮 
制作者 A.Iさん

新潟出身だから?
小千谷縮の風合いがとても好きです。色も柄もやっと見つけたお気に入りのもの。「早く形に」と先走る気持ちをおさえながら、手洗いに耐えられる様に丁寧に作りました。
難しい本ぐけも手元に集中する為、頭の中がカラッポになって、とても良いリフレッシュになりました。


やまもとコメント

私もこの絞りの風合い大好きです。何と気楽に身に付けられることでしょう。シワの心配をしなくていいのですから。
小千谷縮は麻です。麻は細ければ細いほど糸の値段が高くなり、高級になります。反物が軽いものほど高いのです。正絹の白生地は重いほど高級となり、同じ反物でも真逆の価値観があります。ではクイズ、結城紬は絹です。重い方、軽い方、もしもらえるとしたらどっちを選びますか。笑

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025690
この記事に対するトラックバック