映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7月のお教室 | main | 半期に一度の工房展示会 >>

南風原花織訪問着

作品名 南風原花織訪問着
制作者 M.Tさん

受講生徒コメント

昨年3月に沖縄研修旅行に参加致しました折、大城廣四郎織物工房にて購入させて頂きました。黒地に綺麗な色の花織がとても気に入りました。沖縄研修旅行では大変有意義で貴重な時間を過ごさせて頂きました。喜如嘉では苧績み(うーうみ)と呼ばれる糸を繋ぐ作業を体験したり、久米島ではトリの文様のコースター織りも体験しました。
黒地なので少し糸が見えづらい時もありましたが、縫いやすい生地でした。先生の細かな御指導のもと、仕上げることができました。
まだ一つ一つの作業に時間がかかってしまうので、もっとスムーズに出来るようになるとよいのですが。帯や小物など、コーディネートも楽しみたいと思います。


やまもとコメント
毎年3月頃に沖縄へ行っているのですが、その時に私も仕事しながら案内をするような旅行で、沖縄の染織の現場が見られるので、観光とは違いますがたいへん興味深く見ていただけます。1泊目で、もう3、4泊いるみたいと嬉しい感想を言われる事が多いですね。
久米島〜喜如嘉芭蕉布、首里の紅型、南風原の琉球かすりとまわっていきます。もし商品が欲しいとなったら、もちろん沖縄価格です。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025691
この記事に対するトラックバック