映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 茶色道中着 | main | 帯芯 >>

母からの反物

作品名 母からの反物
制作者 H.Aさん

受講生徒コメント

初めての作品(?)です。相談した母より「昔あなた用に準備していた反物があるの、よかった」と渡されました。反物の幅も狭く、帯にでもなれば有難いと申上げましたが、「大丈夫、裁ち方と縫い方で着物に出来ますよ。落款の位置もかえましょうね」と先生。袖をはいだりと工程は多かったのですが、一つ一つ丁寧にご指導いただけたお陰で形になり、初心者なのに大作を作らせて頂けまして感激です。袖をはいでいた為、つりあいが難しいところもありましたが、先生のおっしゃる通りに縫い直すと、魔法をかけて頂いたかの様に直る事ばかりで、いつも驚いてばかりでした。袘(ふき)の部分をもう少し均一に出来なかったのが、次回袷への反省点です。是非とも着用した姿で母に見てもらいたいと思います。喜んでくれると思います。


やまもとコメント

身長も手も長い方で、反物の丈、巾ともに足らず、通常でいけば全くと言って無理とどこででも断られたでしょう。ですが、せっかくお母様が用意しておいてくれていた反物。特殊な技法を承諾いただければ、外観は何らおかしくない着物に仕立てる事が見えましたのでぜひにとその様にお勧めしました。落款は位置を変えなければ、きものにできなかったのです。どこにあるか探してくださいネ。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025692
この記事に対するトラックバック