映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 半期に一度の展示会 | main | 12月のお教室 >>

深緑色の紬

作品名 深緑色の紬
制作者 M.M さん

 

受講生徒コメント

母からもらった紬ですが、紺地に織り出されている白い絣柄のむらが気になって、ずっと着用しておりませんでした。和裁教室に通い、仕立て直しが自分でできるようになってきたので、思いきって全体を濃い深緑に染めて絣柄が殆ど見えないようにして縫い直しました。
袖に大きなしみがあったので、着用したら見えない下前と交換し、右後身頃は内揚げから下を上下入れ替えて、おしりに当たる部分のしみを脇に持っていきました。他の着物から外した八掛の色がマッチしたので、私にしては珍しくコントラストの強い組み合わせとなりましたが、生まれ変わった着物に満足しています。他にも仕立て直しをしたいものがたくさんあるので、ひとつずつ自分らしく変えていきたいと思っています。


やまもとコメント

和裁の技術は素晴らしいものですが、Mさんの様に活用している人はほとんどいないと思います。専門店でも理解していませんので、もはやこういう技術は無くなっていくと言っても過言ではありません。見ていただいてわかるように、まさに生まれ変われるのに。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025696
この記事に対するトラックバック