映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 洗える絽の色無地 | main | 藍染め絽小紋 >>

しじら織単衣着物

作品名 しじら織単衣着物
制作者

N.N さん

受講生徒コメント

かなりお得に手に入れたはずのしじら織です。
あと一息で完成というところで、かなりの時間放置していました。
時間が経ち過ぎて、どんな苦労があったのかも忘れてしまいましたが、ここのところやっとやっと少しずつ自分で着物を着られるようになったので、この涼し気な着物をがんばってたくさん着たいと思います。


やまもとコメント

着物は大きく分けて、2種類に大別されます。白い生地(反物)を作り、絵を入れる「後染(あとぞめ)」と織り上げる前の糸に色を付け、織り上げながら柄ができる「前染(さきぞめ)」があります。徳島県で作られるこのしじら織は糸を先に染めた織りの着物前染め物です。さらさらとした風合いが肌につかず、涼しく感じられる布です。ちなみに浴衣は後染めです。振袖など、高級な後染め物もあります。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025697
この記事に対するトラックバック