映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
ホテルニューグランドにて新春の集い 19日(日)13時〜 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木の葉模様の袷 | main | 母の紬 仕立て直し >>

お祝い着

作品名 七歳 七五三の着物と長襦袢 
制作者 Y.渡辺さん

受講生徒コメント

<七五三の着物>

七歳の七五三のために、娘と一緒に工房へお邪魔して本人が選んだ反物で作りました。家で縫っていると「これ、私の着物だよね♪」といつもなんだか嬉しそうにしていました。七五三の写真撮影では出来上がった着物を着て、いつになくおしとやかにしていました(笑)娘にとっても私にとっても、この先ずっと思い出に残る作品になると思います。頑張って良かった!

<七五三の長襦袢>

ピンク色の着物の袖からチラッと黄色の襦袢が見えたら可愛いだろうな〜。と一目で気に入った生地です。縫い上がって娘に着せてみると、襦袢だけでもすごく可愛い!着物を着せるのがもったいないくらいでした。肩上げやら腰上げやら手順の多い子供物ですが、先生がテキパキと指導してくださってなんとか着物、長襦袢、袋帯、全て七五三までに完成することができました。先生、ご指導ありがとうございました。


やまもとコメント

よかった!大変嬉しいです。これこそ山本が手渡したい、お手伝いしたい喜びなのです。この子の人生に母親の愛情がどれだけ手渡されたのか計り知れませんね。七五三〜成人式はその子の為の祝い着を魂に着せてそこまで育った命を祝う節目の行事です。形になった着物と共に永遠の思い出になってゆくでしょうね。振袖も頑張りましょう!!

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025707
この記事に対するトラックバック