映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三越カルチャーサロンにて袋帯のお仕立て講座を行います。 | main | 11月のお教室 >>

ブルーの大島

作品名 ブルーの大島紬
制作者 Y.戸沢さん


受講生徒コメント

実家に帰省し母を見舞った際見つけたものです。私の幼い頃、母はよく着物を着ていたので、多かったはずの箪笥の中はその時には空になっていてほとんど残っていませんでした。この年になるまで着物に興味のなかった娘の私でしたので、着てくれる方にお譲りしてしまったようです。残っているものは他人に差し上げるにはしのびないようなものばかりで残念な気もしましたが、そのどれもが私の幼い記憶のそこかに残っている母の着物姿でもあり、大切なものです。今回新しい命をふきこむことができました。体の小さい母の着物で内揚げに布の余裕もなかったのに、私サイズに出来るとは思っていませんでした。仕上げられて嬉しいです。ありがとうございました。

 

やまもとコメント

和裁の醍醐味を感じられたお品物でしたね。身長、裄、身幅等体型が違っていても、解いて反物に戻し仕立て直すことができるのが和裁です。今回の大島紬は胴にハギ布を足すことなく形にすることが出来ました。汚れが多かったり「なんだか私には合わないかも」と思う物でも色を足したり染め替えたり、帯等に形を変えることで新しい思い出を作り出す事ができるかもしれません。「見てもらうのも恥ずかしい」なんて思わずにぜひご相談下さいね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025708
この記事に対するトラックバック