映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いざなふの風展で見つけた紅型の帯 | main | 刈安染のお召 >>

片貝木綿の着物

作品名 片貝木綿の着物
制作者 平野 咲子さん

受講生徒コメント

昨年、まだ和裁を習い始める前に催事で買ったポップな色合いの片貝木綿の反物を仕立てました。大きな格子柄は柄合わせが難しいと思うのですが、先生が裁って下さるので安心して作ることがせきました。この色合いならきっと娘も着てみたいと言うはず。二人で一緒に楽しみたいと思います。

 

やまもとコメント

大きな格子柄でオレンジ、グリーン、グレーときれいな色が交わっています。お教室では基本的に反物の截ちはこちらでおこなっています。截ちから始めるととても時間がかかってしまうので、生徒さんには縫う楽しみを味わって頂きたいと思っています。大きな柄なので左右の色の流れや、衿衽は何色にするか平野さんにうかがいながら決めていきました。単衣ですので、縫い目は勿論ですが、くけ目のことも考えながら糸を変えて縫って頂きましたね。縫い上がった時期はちょうど単衣の頃。「すぐに着たい!」とおっしゃっていましたね。着心地の感想もお待ちしております!

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025710
この記事に対するトラックバック