映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 帯芯 | main | 昭和をしのぶよすがの羽織 (濃き紫、波の地紋に絞りの柄) >>

色無地

作品名 色無地
制作者 T.赤木さん

受講生徒コメント

お正月の初売りで見つけた白い反物を染めていただきスタート。色選びは本当に悩みました。ベージュというか肌色というか、、、最終的には着物ではチャレンジしたこともない色味を選びました。完成まで数カ月お休みした期間もありましたが、やっと完成しました。着てみるのが楽しみです。でも、いつになったら真っすぐ縫えるようになるのでしょうか、、、、、、がんばります。

 

やまもとコメント

色を決めるときは様々な色に目が向いてしまいますよね。見本帳の色は小さいので反物を染めたらどんな色に仕上がるのかイメージするのは難しかったと思いますが、温かみのある色になりましたね。お茶をされるということで一ツ紋をいれました。着物は基本的に「まっすぐ」縫うだけで仕上がっていくのですが、この「まっすぐ」というのが難しいですよね」少し時間が出来た時やお教室の始まりに運針をしてみると良いかもしれません。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025712
この記事に対するトラックバック