映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょっと大人びた十三参り | main | 茶色道中着 >>

初めて仕立てた訪問着

作品名 訪問着(黒白万筋+ぼかし)
制作者 E.Kさん

受講生徒コメント

着物のお仕事に従事する機会を頂いた時「よかったねー」と喜んでくれた父。昨年春に旅立った父の想いを形に残すことができた感じがして感無量です。今後、着物のことで何かある時にはご相談させて頂ければと思います。宜しくお願い致します。

 

やまもとコメント

「これなら訪問着すぎなくて良いかも!」と工房に合った仮絵羽の中から目にとめていただいた訪問着。羽織ってみるとKさんの雰囲気にぴったりでした。お教室に入り練習用の肌襦袢を終えてからの初めての作品。思いのこもった大作が出来上がりましたね!

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025713
この記事に対するトラックバック