映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
ホテルニューグランドにて新春の集い 19日(日)13時〜 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕立てたかった浴衣 | main | 紗の羽織 >>

鯉柄 名古屋帯

作品名 鯉柄 名古屋帯
制作者 pipさん

受講生徒コメント

なんとも可愛い鯉の姿です。柔らかなベビーカラーで地色に溶け込むように泳ぎます。目立たないようで存在感がある柄が気に入っています。帯は着物に較べて短時間で形になるので嬉しくも楽しくもあります。また、今回の布地は縫いやすく感じました。その分、手が疎かになりがちでした。毎回新しい出会いがあって楽しいです。自分の物を自分の手で縫えることが喜びとなっております。今後は日常着を増やしてゆきたいと思います。

 

やまもとコメント

「帯は軽くしたいです」とご希望でしたので、帯芯は夏芯を使用いたしました。滝の中を勢いよく昇っていくような姿の鯉の図は中国から伝わってきた図です。荒磯文様と呼ばれ縁起の良い文様です。色無地はもちろん、涼しげな波の図は単衣の時期にも似合う帯ですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025714
この記事に対するトラックバック