映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 松煙染めの夏お召し | main | 片貝木綿の着物 >>

いざなふの風展で見つけた紅型の帯

作品名 紅型の帯、青
制作者 田中 恵子さん

受講生徒コメント

日本橋コレドの展示会で拝見して、ずっと夢見てきた沖縄の紅型。しかも珍しい青色の帯地を手に入れました。大切に身につけて楽しませていただきます。粋に着こなせると良いのですが。

 

やまもとコメント

昨年のやまもと工藝が日本橋COREDO3の橋楽亭にて開催した『沖縄染織いざなふの風展』にて手に取っていただいた、やふそ紅型工房の名古屋帯です。藍の濃淡で染められていますが、紅型らしい鮮やかさに目を奪われますね。最近では洋服だけでなく浴衣でも大量生産のためプリントされたものが増えていますが、手仕事が感じられる物を身に付けることの出来る着物の文化を大切にしていきたいものですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025716
この記事に対するトラックバック