映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10月のお教室 | main | 振袖寸法直し (白地、御所車模様) >>

ピンク、くま柄の長襦袢

作品名 袷長襦袢(ピンク、くま柄)
制作者 田中 恵子さん

受講生徒コメント

自分の体に合った長襦袢を数枚、色を変えて持っていると着付けのしやすい着物姿に近づけると思い、作らせていただきました。何度仕立てても覚えきれず、毎回新鮮です。着付はまだまだですが、いずれすっきりした姿に近づくとうれしいです。

 

やまもとコメント

工房にあった長襦袢の中から一目で「かわいい!」と選んでいただkました。「ピンクで派手かしら。でもかわいいよね」と嬉しそうに縫ってらっしゃる姿は見ているこちらも嬉しくなりました。長襦袢は着物を着るための土台となります。やまもと工藝ではバイヤスの台芯を襟の中に入れています。少し固く、付けたりくけたりするのは大変だったかもしれませんが、きっとスッキリとした着姿になると思います。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025717
この記事に対するトラックバック