映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鯉柄 名古屋帯 | main | 松煙染めの夏お召し >>

紗の羽織

作品名 紗の羽織(濃いエンジのぼかし、露草の飛び柄)
制作者 NONNA N.さん

受講生徒コメント

元は知人のお母様の単衣長着でした。派手な色なので義理の娘の長着に仕立てようと思いましたが、残念ながら丈が足りませんでした。結局羽織に仕立てました。くけるのは大の苦手。終わる頃になってようやく少しですがコツがのみこめて来ました。繊維を2本すくえばOK。3本すくうと表に出る目が大きすぎるのです。此の度”美しい”と思ったのは脇の縫い代の始末の仕方です。袷を縫う時には、経験できない”美しさ”だと思いました。

 

やまもとコメント

袷では見えなくなってしまう箇所が見えてしまう単衣は、縫い目や縫い代の始末でも出来上がりに影響が出てしまいます。特に紗などの透け感のあるものは縫った人の技量が縫い代の始末によって見えてきます。くけは目で確認しながらすくうことも大切ですが、表に出た針を指で感じる感覚も大事ですよ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025718
この記事に対するトラックバック