映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第12回きるものがたり展のご案内 | main | 横浜STビルの生徒作品の展示を入れ替えました。 >>

羽織 〜着物からのリメイク〜 

作品名

羽織(着物からのリメイク) 

制作者 Y.Sさん

 

 

 

 

受講生徒コメント

数年前にネットオークションで色、柄に一目ボレして落札した小紋の着物を、洗い張りしたものの「派手かなぁ」と思ってたんすに寝かしていました。羽織なら多少派手でもいいのでは?と思い始めたところに、またネットオークションで可愛いトラ柄の長襦袢反物を見つけ、羽織にするしかない!と落札。(トラ年なのでトラに目がいってしまうのです)

羽織の方は反物幅が少し短いので袖に接ぎを入れましたが、これも味があって愛着がわきます。縫う長さが着物より短いので、何となく早く仕上がった気がして、また別の色で作りたいです。早く袷の季節が来ないかな、と待ちどおしいです。


やまもとコメント

羽裏のトラは着てしまうと見えなくなってしまうかと思いきや、振りからチラっと見えるところに配置いたしました。何とも言えない表情や佇まいが可愛らしいですね。袖の接ぎは普通の針目よりも細かく丁寧に縫っていただいた事と、カラフルな小紋の柄とが合わさり接いだ箇所がなじんで仕上がっていますね!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする