映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 織楽浅野 連珠双龍文の名古屋帯 | main | 5月のお教室 >>

しじらの単衣

作品名 しじらの単衣 
制作者 T.Uさん

 

受講生徒コメント

福袋の素敵なエプロンにさそわれて購入。娘が好きそうな柄と色。浴衣としても単衣としてもOKという事に惹かれる。しじらは軽くて、しわができにくく縫いやすくて好き。柄が格子で性格が曲がっている私でも直線に縫えた。くけは辛い。
やまもとコメント

新年の福袋ではしじらの反物と一緒に、遠州木綿のやまもと特製エプロンをセットにご用意いたしました。ポケットが違う柄でポイントになっているもので、気に入っていただけて嬉しいです。単衣はくけが多いですが、しじらはくけ目が目立ちにくいのです!これから柔らかい生地の単衣にも挑戦されるかと思いますが、くけに慣れておくには最適な生地だったのではないでしょうか。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする