映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第12回きるものがたり展中止のご案内 | main | 鮫小紋 >>

接ぎ入りの大島紬

作品名 白大島紬 接ぎ入り単衣 
制作者 S.Aさん

 

 

 

 

受講生徒コメント

母の袷の着物を仕立て変えました。2作目で初めての単衣の仕立てでした。ほんの少し残布が有った為、身頃に接ぎを入れて着用できる寸法にして頂きました。前半はみるみる形が出来上がりましたが、後半はずっとくけが続き、改めてくけの難しさを思い知りました。何度も表にまで糸が出てしまい、戻っては縫い直しました。私が中学生頃に母がよく着用していた大島。形を変えて着用出来る事に改めて「着物」という物の素晴らしさを感じます。


やまもとコメント

初めは袷に仕立てる予定でしたが、軽やかな色合いの大島紬という事で、単衣にシフトチェンジしましたね。単衣なので接ぎを入れると縫い代が増え、くけも少し増えるところなのですが、後ろの接ぎは居敷当で隠れる位置に入れる事で、前の接ぎの縫い代の処理だけで済むようにいたしました。ほんの少しの残布でも残していていただいたお母様に感謝ですね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする