映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 接ぎ入りの大島紬 | main | 織楽浅野 連珠双龍文の名古屋帯 >>

鮫小紋

作品名 鮫小紋 
制作者 S.Kさん

 

受講生徒コメント

鮫小紋というのは特に惹かれる柄ではなかったのですが、小豆色というのか胡桃色というのか鮫小紋ならではの色味が気に入って購入しました。片側の耳がのびていて(のばしてしまったのか)いかに無造作に地直しをしていたのか反省しました。

出来心で背紋を刺繍したいと思いたち、失敗を重ねてカビのようなチャコの跡が残ってしまいましたが、うまく紋合わせしていただいて着用可能なものに仕上がり、ほっとしています。ありがとうございました。


やまもとコメント

地色に白い鮫模様が、手を触れるとしなやかに動くように見えるのは鮫小紋ならではの魅力がありますね。縫いもんを入れようと思い立ち、実際にご自身で紋を入れられたというのは素晴らしいですね!江戸小紋ですので、紋を入れた事で活用の幅が広がります。Sさんの手で一段階格の高い着物に仕立て上げられた事で、今までと違った達成感を味わっていただけた事でしょう!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする