映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 母の大振袖の仕立て直し | main | 緑色羽織 >>

洗える用正絹長襦袢

作品名 洗える用正絹長襦袢 
制作者 Y.Sさん

 

写真がないためコメントのみ掲載させていただきます。

 

受講生徒コメント

他の生徒さんが作っているのを見て、いつか縫いたいと思っていました。旅行や遊びに行く時に、着物を着た時に暑くて結構汗ばんでしまうことが続き、正絹で洗える長襦袢がほしいと思っていたので、反物の時点で洗って縮ませておけば大丈夫なのだと知って「ヨシ!」と。縫いあがった今は洗った後にきちんとととのえられるか心配ですが、もっと着物を着る機会を増やしたいです。
 

やまもとコメント

肌に近いものですから袖口や裾が汚れやすく、お手入れに悩んでしまうことの多い長襦袢。Sさんは普段着に着ていただく事が多いので、重宝していただけるかと思います。たくさん着てあげた長襦袢を洗える用に仕立て変えてあげるのもオススメですよ。襟先やたて襟先は洗える仕様に一手間加えてあります。着用して、お手入れした後のご感想も是非お知らせ下さいませ。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする