映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 黄緑絞花模様小紋 | main | 丸帯を袋帯に >>

羽織

作品名 羽織 
制作者 S. Hさん

 

 

 

 

受講生徒コメント

羽織の着姿が好きな私ですけれど、なかなか着る機会のないこの頃ですが、何か一枚という時に縫うのは羽織にしました。先生に色柄を選んでいただきました。この羽織をどの着物にしようか、どんな帯〆がいいかしらと考えをめぐらすのがたのしいです。針目が揃わないのがなやみです。針目を揃えるのはむずしい。これで羽織が一枚ふえたので又違うのをほしくなりました。
 

やまもとコメント

今年の福袋の羽尺セットの中から明るく楽しくなりそうな生地を選びました。羽裏もHさんに気に入っていただけたようで嬉しかったです。仕立て上がり「はおってみよう!!」と鏡の前へ向かい、戻っていらっしゃったときの表情で、こちらも笑顔になりました。お手持ちの着物に合わせやすいのはもちろん、「洋服でも合いそうかしら」とお話ししてましたね。もう1着羽織を仕立ててみるのも楽しいと思いますよ。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする