映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
ホテルニューグランドにて新春の集い 19日(日)13時〜 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 深緑に桜柄小紋 | main | 長襦袢裁ち講座のご案内 >>

中学生が職業体験に来ました!

軽井沢中学校2年生が11月28日、29日の二日間、朝から夕方までの職業体験でした。

玄関掃除や作業台の整理を丁寧に行ってくれました!針の持ち方や運針をじっくりと集中。二日間でコースターをご家族分作ることができ、「こんなにコースターが作れると思わなかった」と言ってくれましたが、それはしっかりと集中して運針を練習した時間があったからです!

二日目には浴衣も自分で着る着付け体験。作り帯では無く半幅帯を結びました。「ちょっと難しい」と言っていましたが、可愛く結ぶことができました。

中学生の感想です。

・着付けの帯が難しかったけれど、最後、きちんときれいに浴衣が着れた時、うれしかったです。

・普段の生活や学校の授業では学べないことを、教えてもらえてよかったなと思いました。職業体験で学校の外の社会のことを少しだけ知ることができたと思うので、よかったし、この経験をいかしていけたらいいなと思いました。

 

数多くの体験の中から和裁を選んでくれたことに感謝します。畳のあるご家庭が少なくなった今、和について、和服について触れ合う機会が少なくなってきているように見られますが、職業体験等で和に触れる体験のお手伝いをこれからも行っていきたいと思います。

 

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025737
この記事に対するトラックバック