映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月のお教室 | main | 2月8日針供養のお知らせ >>

2020 新年のつどい

2020年1月19日(日)ホテルニューグランド開業当時のメインダイニング「フェニックスルーム」にて、「新年のつどい」を開催いたしました。

フェニックスルームの広々とした窓からはすっきりとした海が広がり、前日の天気を忘れてしまうかのような気持ちのよい天気で皆様を迎えることができたことを嬉しく思います。

以前より「山本きもの工房」として皆様に周知いただいておりましたが、昨年秋より「やまもと工藝」と名を改めてから始めての新年の会を迎える事ができました。和裁教室、着付け教室の生徒さん等々御出席いただき、普段できないお話をゆっくりとさせて頂きました。今回はみなさんお着物で出席いただきましたね。お教室で頑張って作り上げた作品を身に付けている姿を見る事ができて嬉しかったです。みなさん素敵でしたよ!

和裁教室生徒さんの七扇宇女美さん。鈴や扇を使い華やかな「松の三番叟」という踊りを披露して頂きました。芯がありながらもしなやかな舞い。いつ見ても感動です。ありがとうございました!

ご出席いただきました皆様、ありがとうございました。

会の中では、「子年は新しい事をはじめるのに良い年」というお話をいただきました。元号が令和となtたのと同時に、「やまもと工藝」として新たなスタートの年となります。今までと変わらず、和裁を中心にしながらも今までできなかった、新しいことにもチャレンジしてまいります。準備が出来次第、皆様にお知らせいたしますので、ご興味、時間のある時には足をお運びいただけたらば幸いです。本年もどうぞよろしくお願い致します。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする