映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初売りで目に留めた小紋 | main | 赤縞の袷 >>

全通袋帯

作品名

制作者

S.H さん

 

受講生徒コメント

角度によって見える模様が面白く、縫ってみたくなりました。老後の自分にこの帯はどんな表情になるか帯の形を想像してみると、色々展開してゆき、はなやかにも落ち着いても見えるようです。

帯地はぬいやすいけれど針目を美しくぬうのはむずかしかった。黒地はやっぱり見にくくなりました。

やまもとコメント

やまもと工藝のコレクションの中の何点か候補にあった袋帯の中から選んでいただいた帯ですね。袋帯の縫う所は手先とタレの縫い代の始末の際の千鳥縫いですね。あまり使わない縫い方ですので手が慣れていなかったのかもしれませんね。普段見えない部分ではありますが、綺麗に間隔が揃うと気持ちの良いものですよね。この帯は全体に柄のある全通袋帯です。お太鼓を作るときに柄の位置を気にせず結んでいただけるかと思います。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする