映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽織 〜着物からのリメイク〜  | main | ハートの名古屋帯 >>

横浜STビルの生徒作品の展示を入れ替えました。

横浜STビルにて定期展示しております、生徒作品を3月19日より入れ替えて展示しております。

春らしい色合いや柄の品々が皆様をお出迎えいたしております。

今回展示されている名古屋帯は訪問着から良い柄の箇所をとり、形にした大作でございます。

衽と前身頃の柄をお太鼓に持ってきているのですが、皆様にはどこに接ぎがあるか、お分かりになりますでしょうか。

横浜駅にお立ち寄りの際は是非確認して見て下さいませ。

工房徒然 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする