映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 全通袋帯 | main | 子供物の浴衣 >>

赤縞の袷

作品名 小紋 袷
制作者 T.Sさん

 

受講生徒コメント

袷の着物を縫いたいと思い、自宅にあった祖母からいただいた反物です。はじめての袷の着物で、表と裏を合わせる時に、先生のご指導の下、思っていた以上にあっという間に縫い合わさり、完成していったような気がいたしました。袷をもっとたくさん縫って、しくみをしっかりと勉強したいと思います。また縞柄をしっかりと合わせることができなかったので、次回は縞を合わせることができるようにと思います。 表と裏の生地の異なりで合わせた時のつりあいの難しさを実感致しました。  前回縫った帯と合わせて着ることが楽しみとなりました。これを機に着物を自分で着る機会を増やしていきたいと思います。


やまもとコメント

以前、和裁の経験をお持ちのSさん、しっかりと学ぼうとする姿勢がお教室の最中にしっかり伝わってきます。ちゃんと伝えられるよう、こちらも身の引き締まる思いです。昨年、長襦袢の裁ち講座に参加いただきましたので、単衣の裁ち、袷の裁ちとステップアップをして、和裁の知識を深めていってください!! 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする