映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 麻の葉柄の浴衣 | main | 横浜STビルで展示をしております >>

合わせやすい名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 N.N さん

 

 

受講生徒コメント

何年も和裁教室に通っていながら、自分が着物を着るということにあまり関心がありませんでした。それでもここのところ一緒に着てくれる友人ができ、遅まきながら少しずつ着る機会が増えてきました。着物はある程度の枚数縫ってあったのですが、帯を持っていませんでした。そんな時教室で「どんな着物にも合わせやすい」ということで選んでいただき、この帯を仕立てる事になりました。帯を仕立てるのは2回目で、前回は帯をどう締めるかもわからずに縫っていましたが、今回は少し分かった上で縫えたかなと思います。合わせやすい帯ということで、着物をがんばらずに着られるようになるまで活躍してもらおうと思います。


やまもとコメント

濃い色の大島や、八掛が鮮やかなオレンジのグリーンの紬にもピッタリだと思います。気軽にお出かけしているNさん。コーディネートに迷った時にはこれ!!という帯になってくれますよ。着物は着れないけれど「縫ってみたい!」という一心で入会いただきましたね。その後グループレッスンを通じてバッチリ着れるようになりました!!着れる事よりも先に、何枚か着物が出来上がっていたからこそ、お友達に誘われた時に「着るものがない」と困ることなく出掛けられたのでしょうね。着物を楽しむための入口はなんでも良いのだ!とNさんとのお話を聞くと思います。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする