映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9月のお教室 | main | 羽織 >>

黄緑絞花模様小紋

作品名 小紋 袷
制作者 Y.T さん

受講生徒コメント

震災の地 岩手から人づてに頂いた着物になります。 サイズ的にそのまま着ても問題はなかったのですが、少し汚れもありましたので、仕立て直すことにしました。糸をほどいた時には全く気付かなかったのですが、地襟が短く、布を足してあります。当初はどのような仕立てだったのか、きちんと見ていなかった事がとても悔やまれます。自分では選ばない色の着物を仕立てるのも頂きものの醍醐味と思っておりますので、大切にしていきたいと思います。
やまもとコメント

仕立て方に目を向けるのはプロのようですね!

地方によって各所の仕立て方に違いがあります。仕立ての違いは着物だけでなく、足袋、帯、長襦袢と様々です。昔の習慣や、その土地の気候によって、違いが確立されてきたのです。こうでなければいけないということはありませんので、自分好みを見つけてみるのも面白いかもしれません。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする