映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 洗える単衣 | main | ぼかし小紋 袷 >>

男物の袷着物

作品名 男物 紬 袷
制作者 N.T さん

 

受講生徒コメント

実家に帰った時、男物の反物を見つけました。結婚した時、母が買ってくれたアンサンブル用の紬です。男物も縫ってみようか、自分の着物にしてしまおうか迷いましたが、夫の着物を仕立てることにしました。

男性用の着物をあまり見たことが無かったので、浴衣の延長のようなイメージで縫い始めましたが、全然別物でした。加えて、自分と夫のサイズの違い、縫いやすい体型と縫いづらい体型があることもわかりました。夫は縫いづらい体型でした。羽織も仕立てるつもりですが、さらに苦戦しそうです。


やまもとコメント

同じ着物ですが、袖の形、衿の形、そして表と裏を合わせまとめていく工程等、男物と女物とでは、違いが多くあります。体型によっての違いもお気付きですね!細身の方でも体型に合った仕立てが出来るのが、山本の得意技です!!谷崎さんが苦労していただいたおかげで、旦那様は体に合った着心地のよい着物を着ることができますね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする