映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 単衣の色無地 | main | 半期に一度の工房展示会 >>

飛び柄柿渋紬

作品名 袷 紬
制作者 K.R さん

 

受講生徒コメント

お教室で先生に見せてもらい、一目で気に入った柿渋紬です。手持ちの着物は淡い色合いのものが多いので、濃い色のものを探していたのですが、淡い色合いのこの柿渋紬に心を奪われてしまいました。何度目かの袷の仕立てなので、今のところ順調に進んでおりますが、展示会までに無事に出来上がるかどうか。お友達とこの紬を着てお出掛けする約束もしていることですし、最後の追い込み頑張らねば。


やまもとコメント

柿渋染は青柿から作られる天然染料です。青い渋柿は緑ですが、取り出した染料を発酵させることで茶に変化していきます。絣の柄は摺り込みで染められていると思いますが、絣で丸の形を染め織り上げるには、高度な技術が必要になります。「これは持っていないと後悔してしまうかも」と呟いていたRさん。描かれた染めとは違う絣ならではの風合いに可愛らしさを感じますね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする