映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お正月福袋の袋帯 | main | 半期に一度の工房展示会 >>

初めての袷長着

作品名 袷 小紋
制作者 S.H さん

受講生徒コメント

教室にてひとめぼれして購入した染め小紋の反物から、初めて袷を縫いました。落ち着いた地色ながら、細い縞は色とりどりで縫っていても楽しい柄です。縞は時に縫う時のものさしにもなりましたが、注意を怠り、縫い目が曲がると目立つので、そこが苦労しました。また手にすると柔らかでも、目がしっかりと詰まっているので、針が思い通りに進まず、木綿の時とは違った感触に驚きました。どんな帯を合わせようか、どこに着て出掛けようか、楽しみな一枚となりました。
やまもとコメント

木綿や紬は合わせて縫った時でも、布同士がくっつくような感じがありますが、柔らかい布はスルっとすべる感じがあったかもしれません。山本流の運針をマスターすれば、まっすぐばっちり縫えるようになりますよ!いつもお着物で通っていただいているHさん。いつもHさんならではのコーディネートを楽しく拝見させていただいております。この袷はどんなコーディネートでお召しいただけるのか、いまからワクワクしております。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする