映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ぼかし小紋 袷 | main | お正月福袋の袋帯 >>

一つ紋入りピンク無地

作品名 袷 一つ紋
制作者 E.M さん

受講生徒コメント

今年91歳の義母が「おばあちゃんもう着ないから、エリちゃん好きにして!」と持ってきた何点かの着物の中にあったのが、我が家の紋が入った地のしっかりしたこの着物でした。

これなら直せば出番が何回もありそう!と、早速取り掛かりました。柔らかものなのにしっかりとした地で、針通りが大変でした。もう何点も仕上げているのにいまだに部分名称が覚えられず、先生に次の作業を指示されてもパッと反応できず、もたもたしている自分に呆れてしまいます。自らサクサク縫えるようになるにはどのくらいかかるやら…

 

やまもとコメント

山本の仕立て教室は、覚えなくてもいいよと教えています。皆さんエーッとびっくりされますが、覚えなくてはと思うと、楽しくなくなる時もありますので、まずは自分の手で作り上げる楽しみや感動を味わっていただけたらと思います。

それを大事にしていますので、教室では運針ができれば、振袖でも帯でも完成まで導きながら作り上げる喜びを味わっていただけます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする