映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大島の単衣 | main | 7月のお教室 >>

誂え染めの単衣

作品名

制作者 N.T さん

 

受講生徒コメント

昨年お正月福袋で出会ったお値打ち価格の反物でした。白生地で自分の好きな色に染めていただけるのですが、何色にしようか迷って大変でした。(笑) 私の好みを熟知している先生のアドバイスにより、このきれいな青色に決まりました。

爽やかな青色なので、初夏に着たいと思い、単衣にしました。単衣はくけが多いので大変ですが、大変であるほど着られる日が楽しみです。単衣を縫うのは2回目ですが、すっかり縫い方を忘れています。何年続けても覚えが悪い…。

先生、いつもありがとうございます。 


やまもとコメント

お誂えならではの色に染まりましたね! 市場でこのような色を探そうと思ったら、そう簡単には見つからないでしょう。地紋の雲どりも青空にプカプカと浮かんでいるようで、初夏にピッタリの単衣になりましたね。

何年も通っていただいていますが、2回目でしたか!!2回目でバッチリ覚えていたらビックリ!プロですよ!!

手順は私共がキレイに出来上がるようお伝えするので、覚えていなくても大丈夫です。お教室の最中は日常を忘れ、縫う時間を楽しんでいただければと思います。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする