映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 半期に一度の工房展示会 | main | 誂え染めの単衣 >>

大島の単衣

作品名 単衣 紬
制作者 K.H さん

 

受講生徒コメント

頂いた反物の中にあった白大島、

袷にしないで単衣にしてみました。

赤い模様が入っていたので、自分用には派手かなと

思いますが、娘たちが着てくれたらと思っています。

 

やまもとコメント

大島紬は薄いので、くけが目立って見える事があります。くけの多い単衣、苦労していらっしゃいましたが、綺麗に仕立て上がりましたね。紬ですが、サラッとした生地ですので、裏が付いていなくても裾さばきも良いと思います。居敷当もついていないので、より軽やかにお召しいただけます。

この大島をシャッシャッとさばきながら歩くHさんも素敵だと思います。

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする