映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11月のお教室 | main | 12月のお教室 >>

椿の名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 S.Kさん

生徒コメント

可愛い椿の柄と優しい色合いに一目惚れをして教室で購入させていただきました。

初めての名古屋帯で縁を細かく縫い上げる事と絹糸の扱いがとても難しく、苦労しました。

出来上がって、たとう紙に包まれた帯を見たときはとても嬉しかったです。これから沢山使って、愛用したいと思います。

やまもとコメント

八寸帯の名古屋帯でしたので、手先と太鼓をかがり縫いしていただきました。かがり縫いは糸をこするような状態がなんども続きますので、糸が絡まりやすく、扱いが難しかったかもしれません。かがり縫いのときは、縫うときの糸の長さがスムーズに縫う為のポイントかもしれませんね。とても細かく縫えているので、糸と生地と馴染んでとても綺麗に仕上がっています!

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする