映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒地格子紬 | main | 初めての羽織 >>

紅花単衣

作品名 紅花単衣
制作者 E.Sさん

 

 

  

 

受講生徒コメント

色が気に入って購入した反物です。
このところ濃い色味の地を縫うことが続いていたこともあり、とても楽しく作成することが出来ました。
裏地を縫っている際、小さなことだけれど、ああこうすれば良いのか!と気が付けることがありました。

また縫うのがおもしろくなりました。ラッキー


やまもとコメント

一見単色のように見えますが、糸の中でクルクルと桃色や薄紫に変わって見える楽しい生地でしたね。プロの仕事の中でも毎回発見の連続です。同じ事をしているようでも、生地によって綺麗に仕上げるためのアプローチの仕方は変わっていきます。裏についている居敷当ては胴裏の生地で、糸コキや針目等、実は難しい生地なのです。袷の裏にもなりますのでコツをつかんだら袷の縫いもキレイにできて楽しんで頂けるのではないでしょうか。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする