映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 緑色羽織 | main | 11月のお教室 >>

星空柄小紋

作品名 星空柄小紋
制作者 M.M さん

 

 

 

 

 

受講生徒コメント

しみやヤケがたくさん目立っていた伯母からもらった色無地でしたが、地の浅葱色が気に入っていたので何とか着られるものにしたいと思っていました。元の色を星の様に残して濃い青緑に染めたら、本当に宇宙のようになり、満足しました。
ところが仕立てに入ってみると、印や縫い目が見えないという大問題が発生。いろいろな方向から生地の表面をながめて印を探したり、指先で触って縫い糸を確認したりと本当に目が疲れました。でも長〜いこと眠っていた懸案の着物が生まれ変わってたいへんうれしいです。帯合わせもいろいろ楽しめそうで10月が待ち遠しいです。


やまもとコメント

絹の光沢が美しい生地でしたので、深い色に染めても沈むことなく、本当に星が瞬いて見えるようですね。Mさんの思い描いていたイメージが見事に表現されていますね。やまもと工藝では絹の糸も綿の糸も、プロが使用しているものと同じ品質の糸を生徒さんにも使用していただいています。常時150色以上の糸が用意されているのですが、それでも色が合わないことがあるのです。大変苦労されたようですが、生地にぴったりの色糸があってよかったです!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする